悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が低くなる原因とは?

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が危険視されるのは、その多くが数値が高いケースです。
しかし、実は悪玉コレステロールは数値が低ければよいというものではありません。
数値が低過ぎると最悪の場合、ガンや突然死などを引き起こすおそれもあるのです。

悪玉コレステロールが低い原因とは、一体どのようなものでしょうか。

スポンサードリンク



なぜldlコレステロールが低いと問題があるの?

ldlコレステロールが高い場合は動脈硬化になりやすく、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まります。
そのため、ldlコレステロールが高いことに問題があるのは明白です。

では、なぜldlコレステロールが低い場合にも問題があるのでしょうか。
その答えは、ldlコレステロールが果たす役割にあります。

ldlコレステロールは、細胞膜やホルモン、ビタミンDの材料となる非常に重要なものです。
体内のコレステロールが少な過ぎると、細胞や血管、神経などがわずかなことで傷つきやすい状態になってしまいます。
そのため、丈夫で健康な体をつくるために、ldlコレステロールは必要不可欠なのです。

ldlコレステロールが低くなる原因は?

ldlコレステロールが高い場合の原因は、過剰なエネルギー摂取や運動不足、高カロリーなものを多く含む食生活などが考えられます。
ldlコレステロールが低い原因はこの逆ということになりますので、エネルギーの摂取不足、消費エネルギーが多い、低カロリーなものが多い食生活などが原因だと分かります。

ベジタリアンの方や動物性の食品が苦手な方などは、悪玉コレステロールが低いことが多く、低コレステロール血症になりやすいといわれています。
こうした食生活は体によいと思われていますが、極端な偏食は体に異常をきたしてしまうというわけです。

ベジタリアンの方がldlコレステロールを高める方法

ベジタリアンの方や動物性食品が苦手な方の悪玉コレステロール値を高めるには、どうすればいいのでしょうか。

肉や魚が苦手でも卵は食べられるという場合は、卵を食べるとよいでしょう。
他にも、体によい油といわれるオリーブオイルをパンに付けて食べたり、料理に使って摂取したりするのもよいでしょう。

また、細胞を元気にするといわれる亜麻仁油(フラックスオイル)もおすすめです。
亜麻仁油の味を苦手と感じる方は多いですが、食べ方を工夫するとよいでしょう。
オリーブオイルに混ぜてパンにつけたり、納豆に混ぜたりと、加熱しない方法でおいしく食べられます。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編