悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高いとどうなる?

悪玉コレステロール(ldlコレステロール)には、コレステロールを全身に運ぶ働きがあり、体にとって不可欠なものです。
しかし、ldlコレステロールが高い場合には、必ずしも体にとっていいことばかりとは限りません。
ldlコレステロールが高いと何が悪いのでしょうか。

今回は、メリットもデメリットも含めて、ldlコレステロールが高いとどうなるかをお伝えします。

スポンサードリンク



高ldlコレステロール値が招く血行不良とさまざまな病気

悪玉コレステロール値が高いと、動脈硬化によって血流が悪くなることに加えて、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こす原因になります。

そもそも、なぜ動脈硬化が起こるのでしょうか。
その原因は、過剰な量のldlコレステロールが体内にあると、余ってしまったldlコレステロールが血管の壁に蓄積されていくためです。

血管の壁に蓄積することで、プラークとよばれる塊ができます。
プラークの中身は、コレステロールや白血球の死骸などが混ざったもので、このプラークが破れてしまうと、血小板が一気に集まって血栓をつくります。

そして、血管がつまって心筋梗塞や脳梗塞につながるのです。

ldlコレステロールが高い場合に起こる症状

実は、脂質異常症と診断されるほどコレステロール値が高くなっても、自覚症状のないケースがほとんどです。
動脈硬化は「サイレントキラー」といわれるように、私たちの健康をそっと静かにむしばんでいくのが特徴です。

しかし、なかには症状が出る人もいますので、その症状の特徴を以下にご紹介します。

■上まぶた目頭寄りに黄色の膨らみができる
■胸や背中、お尻、お腹などに黄色っぽいブツブツがあり、その周囲が赤くなっている
■黒目の周りが白っぽくなる
■めまい、耳鳴りがする
■頭痛、吐き気がする
■高血圧になる
■常に眠気がする
■常にだるくて疲れやすい
■抜け毛が増える
■鼻血がたびたび出る

ldlコレステロールが高くなり、動脈硬化を引き起こした場合、さまざまな病気につながる恐れがあります。

そのため、想定される症状や健康被害もたくさんありますので、心当たりのある方はご注意ください。

ldlコレステロールが高い方が長生きする!?

これまでldlコレステロールが高いと病気を引き起こすとお伝えしてきましたが、実は死亡率は低いということも分かっています。
心筋梗塞による死亡率は、総コレステロール値が低い人の方が多いのです。
反対に、総コレステロール値が高い人は、心筋梗塞による死亡率が低くなっています。

また、コレステロールが高めの場合、ガンによる死亡率も低いことも認められています。
これらの点から、コレステロール値は多少高めの方が健康によいという考えが強くなっているのです。

ldlコレステロール値が高いことによって健康へのメリットが大きいことが判明しているため、高コレステロール血症の診断基準値の改訂の必要性があるといわれ続けてきました。
それを受けて、2014年4月現在、健康診断における正常値の範囲の大幅な緩和が提唱されました。
このことをきっかけに、私たち日本人の今後の健康意識に新しい変化が起こるのではないでしょうか。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編