高LDLコレステロール血症について

高ldlコレステロール血症は、はっきりとした自覚症状がないため、早期発見が難しいといわれています。
しかし、放置してしまうと動脈硬化を引き起こし、果ては心筋梗塞や脳卒中につながることも。

今回は、そんな高ldlコレステロール血症についてお伝えします。

スポンサードリンク



高コレステロール血症と高脂血症の違い

2007年から高コレステロール血症と高脂血症を総称して「脂質異常症」という名前に変わりました。
では、元々高コレステロール血症と高脂血症はどう違ったのでしょうか。
その違いは、以下のとおりです。

                【高コレステロール血症と高脂血症の診断基準】

高コレステロール血症

ldlコレステロールが140mg/dl以上

高脂血症

中性脂肪が150mg/dl以上

 

脂質のなかでも、どれが異常値になっているかによって、高コレステロール血症と高脂血症に分けられるのです。

高コレステロール血症治療に効果的な食事

高ldlコレステロール血症の治療において、食事はとても大切です。
毎日の食事が薬にも毒にもなり得ますので、適正な食事管理を行うようにしましょう。

大切なことは、ミネラルやビタミン、食物繊維をバランスよく摂取し、腹八分目の量に抑えることです。
脂身の多い肉や揚げ物、お菓子などの量を控えることも重要です。

食事で摂取したコレステロールがそのまま動脈硬化につながるのでなく、酸化や変性したコレステロールが原因となります。

そのため、コレステロールの酸化を防止するビタミンE、C、βカロチン、ポリフェノールなどの抗酸化物質を積極的に摂取することも、動脈硬化の効果的な予防となるでしょう。

遺伝で高ldlコレステロール値になることも

ldlコレステロール値は生活習慣が原因で高くなるのが一般的ですが、実は遺伝が原因の場合もあります。
家族性高コレステロール血症は、先天性の高脂血症のひとつで、男性は30歳以降、女性は50歳以降から心筋梗塞が起こるようになる病気です。

片方の親から受け継いだ場合は「ヘテロ型」、両親から受け継いだ場合は「ホモ型」といいます。
診断基準は、ヘテロ型が約250〜500mg/dl、ホモ型が約500〜1000mg/dlとなっています。

家族性高コレステロール血症の方は、アキレス腱が断裂しやすい、目と眉の間にいぼやできものができる、黒目の周りが白くなってくる、などの症状がみられます。
これらの症状に心当たりがある方は、生まれつき家族性高コレステロール血症である可能性があります。

治療ではldlコレステロール値を下げることが目標とされますが、その目標値は130mg/dl以下となっています。
そのために、薬を投与される場合、服薬には注意が必要です。

コレステロール値を減らす薬には、腹痛、倦怠感、しびれ、かゆみ、蕁麻疹などの副作用が出るおそれがあります。

また、薬の飲み合わせによっては、「横紋筋融解」症という重大な副作用が出やすくなるケースがありますので、医師に相談のうえ、薬の服用には十分に注意するようにしましょう。
コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編