悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げる薬

悪玉コレステロール(ldlコレステロール)値が高い場合、動脈硬化を引き起こす危険性があるため、数値を下げるように指導されます。そこで推奨されるのが生活習慣の改善ですが、それでも改善されない場合は薬物療法が開始されます。

今回は、薬物療法で使われる悪玉コレステロールを下げる薬についてご紹介します。

スポンサードリンク



何科に行けばいい?

健康診断の結果でコレステロールが高いことが分かった場合、まずは早めに病院に行き、医師に相談してみましょう。何科に行けばいいか分からないという方も多いかもしれませんが、コレステロールの治療は内科で行われています。要治療と診断されて通院することになった場合を考えて、通院に便利な病院を選ぶことをおすすめします。

薬物療法はすぐに始められない

まず、コレステロールを下げるには、生活習慣の改善が不可欠です。その理由は、コレステロールが高くなる原因こそが、生活習慣にあるためです。食事や運動不足、喫煙、飲酒などが原因となってコレステロールが高くなるので、原因を改善しなければ根本から治療することは不可能です。

悪玉コレステロールを下げる薬はありますが、薬物療法が行われるのは、食事・運動療法にる改善が見られない方や、生活習慣の改善が困難な方、家族性高コレステロール血症の方などに限られています。

薬物療法の開始時期は、多くの場合、生活習慣の改善開始から3ヶ月06ヶ月ほど経過してからといわれています。しかし、ldlコレステロール値があまりに高い場合や家族性高コレステロール血症の場合は、すぐに薬物療法が始められます。

おもな悪玉コレステロールを下げる薬

以下は、ldlコレステロールを下げる作用をもつ主要な薬を一覧にしたものです。

種類

薬品名

副作用

HMG-CoA還元酵素阻害薬
(スタチン)

ローコール

胃腸障害や肝機能障害

重大な副作用である横紋筋融解症を起こすことも
むくみ、手足の脱力感などに注意

メバロチン

リバロ

リピトール

コレステロール吸収阻害薬

ゼチーア

胃腸障害。肝機能障害
まれに横紋筋融解症

陰イオン交換樹脂

クエストラン

便秘や胃腸障害

コレバイン

高コレステロール血症の治療薬としてもっとも確実といわれるのが、コレステロール降下剤のスタチンです。スタチンのなかでも種類があり、スタンダードなローコールやメバロチンではおよそ15%ほどldlコレステロール値を低下させるといわれています。スタチンのなかでも強力といわれるリピトールやリバロは30%もの低下作用が認められており、動脈硬化の抑制が期待できます。

薬によってコレステロールの発生を抑えることが重要ですが、コレステロールは夜間に合成されるため、半減期の短いスタチンは、その効果を最大限に活かすために夜の服用をおすすめします。

小腸のコレステロールトランスポーターnpc1l1 に結合してコレステロールの吸収を抑えるゼチーアは、ldlコレステロールを減らし、hdlコレステロールを増やす作用があります。副作用や服用回数が少なく、比較的飲みやすい薬です。

血液中のldlコレステロールやトリグリセライドを低下させる作用のあるパンテチンは、作用は弱めですが、安全性の高い薬として知られています。

また、他にも市販薬や漢方などでも、ldlコレステロールを下げる薬があります。

薬と一生の付き合いになることも

薬物療法で悪玉コレステロールを下げる場合、生活習慣をしっかりと見直さないかぎりは、いつまでも薬が必要になってしまいます。そうなると、薬と一生の付き合いになることも十分に考えられます。食事療法や運動療法によってコレステロール値の改善が認められた場合は、薬物療法を終えることができる可能性もあるので、生活習慣の改善に努めることが大切です。

また、薬には副作用が表れることもあります。胃腸障害や肝機能障害などを訴える方が少なくありませんし、まれにですがむくみや筋肉障害を起こす横紋筋融解症を引き起こすこともあります。特に薬の飲み始めは注意しておき、症状が出た場合は、早めに医師に相談しましょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編