脂質異常症や高コレステロール血症、高脂血症の違いについて

コレステロールについて調べてみると、脂質異常症や高コレステロール血症、高脂血症などの病名を見かけますよね。
あなたはこれらの病気の違いが分かりますか?
今回は、脂質異常症・高コレステロール血症・高脂血症の違いについてお伝えします。

スポンサードリンク



「脂質異常症」は新しく改称された病名

脂質異常症、高脂血症、高コレステロール血症……どれも似たような病気に感じませんか?
それもそのはず、これらはどれも血液中の脂質が異常値になることで診断される病気です。
健康診断などで脂質に異常がみられた方は、このいずれかの病気にかかっている可能性が高いでしょう。

しかし、どれも似たような名前でありますし、どの数値が高いにせよ脂質に異常があってそれに注意しがなら生活をする必要があることには変わりません。
そこで、2007年に高コレステロール血症と高脂血症を合わせて、「脂質異常症」と総称することになりました。

病名を統一することで、患者や周囲の人間への理解促進が深まっていきました。

脂質異常症という分かりやすい名前のおかげで、今までコレステロールや中性脂肪の数値に関心がなかった人たちも、自分の健康状態について把握しておくべきだという意識が高まってきています。

脂質異常症の診断基準

空腹時の血清中濃度からみて、以下の3項目のうち1つでも該当した場合、脂質異常症が認められます。

脂質異常症の診断基準(単位:mg/dl)

ldlコレステロール

140以上

中性脂肪

150以上

hdlコレステロール

40未満

 

脂質異常症が認められたら、まずは生活習慣の改善を

脂質異常症は動脈硬化の原因となり、さらには心筋梗塞や脳卒中などにもつながります。
もし脂質異常症が認められた場合は、原因の究明と生活習慣の改善が求められます。
原因が家族性のものや遺伝子異常であったとしても、偏った食生活や喫煙、運動不足などの悪しき生活習慣は、脂質異常症を悪化させる要因になってしまいます。
         
脂質異常症が認められた場合は、食生活の見直しを中心とした生活習慣の改善を始めることが大切です。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編