悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げるサプリメント・健康食品

悪玉コレステロール(ldlコレステロール)値が高い人は、動脈硬化の進行を防ぐために、食事や運動など生活習慣を改善して、数値を下げる必要があります。しかし、忙しい人やモチベーションが上がらない人にとって、生活を改善するのはなかなか難しいことですよね。

そこで、今回はldlコレステロールの低下をサポートしてくれるサプリメント・健康食品についてお伝えします。

スポンサードリンク



悪玉と善玉のバランスを整えることが大切

よくある誤解が、「悪玉コレステロール=悪」と捉えられることです。確かに、悪玉コレステロール値が高すぎる場合は下げる必要がありますが、決して悪玉コレステロールそのものが悪いものだというわけではありません。

そもそもldlコレステロールは、細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料となって私たちの体を健康に保つために欠かせないものであり、不要なものではありません。しかし、血中に悪玉コレステロールが多すぎる場合は、血管壁に沈着していき、動脈硬化を引き起こしてしまいます。動脈硬化を防ぐためには、悪玉コレステロールを取り除く働きをもつ善玉(hdl)コレステロールを増やす必要があります。

つまり、ldlコレステロールとhdlコレステロールのバランスが重要だということです。ldlコレステロールが高いのであれば、hdlコレステロールを高めるように努めましょう。

サプリメントを活用しよう

hdlコレステロール値を高め、ldlコレステロール値を下げるためには、その働きをもつ栄養素を積極的に摂取することが重要です。DHA やEPA 、大豆ペプチド、ポリフェノールなどの栄養素を毎日摂取することで、数値の改善が期待できるでしょう。

しかし、たとえばDHAやEPAは 青魚に含まれる栄養成分ですが、毎日青魚を摂取することは難しいですよね。そこでおすすめなのが、サプリメントです。サプリメントを毎日摂取すれば、一日に必要な栄養素を手軽にとることができます。

サプリメントが充実しているファンケルやDHCなどで、悪玉コレステロールを下げるサプリを購入することができます。DHAやEPAだけでなく、コエンザイムQ10や紅麹、ローヤルゼリー、にんにく卵黄など、ldlコレステロールを下げる作用をもつ栄養成分はたくさんあります。コレステロール改善以外で気になる効果を併せ持つ栄養成分が配合されているサプリを選ぶのもよいでしょう。

また、食物繊維にはコレステロールを体外に排出する働きがあるため、ldlコレステロール値を下げることができるため、便秘の人は便秘解消効果をかねて食物繊維が豊富なサプリを選ぶのもよいでしょう。

安心のトクホもおすすめ

最近注目されているのが、「トクホ」といわれる消費者庁長官の許可を受けている保健の効果を表示できる食品である、特定保健用食品です。ヤクルトの「コレステミン」や大正製薬の「コレスケア キトサン青汁」などは、ldlコレステロールを下げる効果があるので、こうしたトクホの食品を毎日の食生活にプラスするとよいでしょう。

サプリやトクホで手軽に栄養補給を

ldlコレステロール値の改善には、食事の見直しや生活習慣の改善は必要ですが、サプリやトクホで手軽に必要な栄養成分を補給することで、より大きな効果が期待できるでしょう。忙しい人やモチベーションが上がらない人は、サプリやトクホを利用して、効率的に数値を下げるのもよい手段だといえるでしょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編