必要不可欠なコレステロール! その働きとは

ぽっこりお腹が気になる人にとって、脂肪は大敵!
ダイエット中の場合は特に、脂質の高い食品を避ける傾向にあることでしょう。
しかし、本来、脂肪そのものは無害なものです。

スリムな体への強い憧れや、太り過ぎで健康に影響がある場合に、「脂肪=悪」とみなしてしまいます。
肝臓でつくられる脂質の一種であるコレステロールは、こうした考えから悪いものと思われる傾向があります。

では、コレステロールとは一体何かご存知ですか?
本来、コレステロールの役割は、細胞の働きを保つ細胞膜をつくったり、ホルモンの材料になる、体にとって不可欠なものです。

しかし、発見された場所が人間の胆石の成分中であったうえに、うさぎへの投与実験の結果で動脈硬化の原因だと判明したことから、コレステロールの働きの悪い性質ばかりが取り沙汰されるようになったのです。

血中コレステロール値が異常だと危険?

血液検査では、血液中に含まれるコレステロール値を調べることができます。
この検査結果で数値が高いと、大きな不安を感じてしまうかもしれませんが、危険でないこともあるのです。

血中コレステロール値は、悪玉といわれるLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールの両方を含めた数値となります。
悪玉ばかりが多い場合は確かに危険な状態かもしれませんが、善玉を合わせた総量が多いのであれば、深刻な状態ではない可能性があります。

生活習慣病の予防には、血中コレステロール値を正常に保つことが重要です。
血中コレステロールが高い場合、コレステロール値を下げる効果を持つ緑茶が有効です。
緑茶に含まれるカテキンには、LDLコレステロールだけを減らす効果があり、HDLコレステロールには影響しないといわれています。

コレステロールそのものは悪くない

コレステロールは、健康を守るための機能を持つ、なくてはならないものです。
人間の体内では、一日につき1〜1.5gのコレステロールがつくられているのですが、食事から摂取している量は、0.3〜0.5g程度しかありません。

実は、食事からつくられている量は、1/3程度しかないのです。
このことから、いかに体がコレステロールを必要としているかが分かるでしょう。
健康な状態であれば、体がコレステロール量を調節してくれるため、食べ物からの摂取量を過剰に気にかける必要はありません。

スポンサードリンク



姉妹サイト

血糖値の正常値はどれくらい?血糖値の正常値と糖尿病の診断基準について

姉妹サイトの【血糖値の正常値はどれくらい?血糖値の正常値と糖尿病の診断基準について】では、血糖値の正常値や糖尿病の診断基準、血糖値が高くなる原因などの情報を紹介しています。

血糖値は高くなければ問題ないと思っていませんか??確かに血糖値が高ければ糖尿病などのリスクがありますが、低く過ぎても健康にとって良くありません。そんな血糖値の基礎知識と正常値、そして低血糖のリスクについて解説します。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編