悪玉コレステロール(LDLコレステロール)とは?

ダイエット中の方にとって、脂質は天敵と思われるかもしれません。
しかし、実際は、脂質は私たちの体の機能にとって欠かせないものです。
コレステロールは細胞膜やホルモン、胆汁酸の材料となるものであり、中性脂肪(トリグリセライド)は、大きなエネルギー源となるのです。

このように重要な脂質を体の隅々に運んでくれるのが、ldlです。

スポンサードリンク



LDLが脂質を細胞に運ぶことによって、体は正常に機能する

脂質を全身の各細胞に行き渡らせるためには、血液に溶け込んでいかなければなりません。
しかし、脂質は血液に溶けないため、タンパク質で覆われた状態にする必要があります。
これをリポタンパクといいます。

ldlはこのリポタンパクの状態で血液の流れに乗って、体の隅々に脂質を運ぶのです。
このldlに含まれているコレステロールのことを、ldlコレステロールといいます。

体内に存在しているコレステロールは、脂肪酸とエステル化して結合したコレステロールエステルと、結合していない遊離型コレステロールの2種類があります。
ldlコレステロールとは、ldl中のコレステロールエステルと遊離型コレステロールを合わせたもののことです。

こうして、ldlが全身にコレステロールを運ぶことによって、体の機能が保たれているにもかかわらず、なぜldlコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれるのでしょうか。
その理由は、ldlが余ってしまったときの現象にあります。

余ったLDLコレステロールが動脈硬化の原因に

コレステロールが細胞に運ばれても尚余った場合、hdlコレステロールによって肝臓に戻されます。
しかし、hdl値が低い場合やldl値が高過ぎる場合には、hdlコレステロールによる回収が困難になります。

すると、血液中のldlコレステロール量が多くなり、コレステロールが血管壁にこびりついて動脈硬化の原因となってしまいます。
これがldlコレステロールが“悪玉コレステロール”と言われる理由です。

悪性コレステロールのなかでも、心筋梗塞などの心疾患を引き起こしやすいものに“超悪玉コレステロール”というものがあります。

これは、悪玉菌コレステロールの小型タイプであり、血管壁により侵入しやすいうえに、肝臓には吸収されにくいという厄介な性質を持っています。
こうした性質のため、血液中で長く停滞して酸化されやすいので、動脈硬化の原因となってしまうのです。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編