コレステロールはどこで作られる?

コレステロールはどこで作られるかご存知ですか?
食事からの摂取でのみ増えると勘違いされることがよくありますが、実は、体内で合成される量の方が多いのです。

スポンサードリンク



コレステロールができるまで

体が必要とするコレステロール量のおよそ70%は、体内でつくられています。
残り30%は食事から摂取していると言われていますので、体の中にあるコレステロールの大半は食事由来でなく、体内で合成されていることが分かりますね。

コレステロールの原料となるものは、脂質・糖質・たんぱく質の三大栄養素です。
これらを分解する過程でつくられるアセチルコエンザイムA(アセチルCoA)から、コレステロールの合成は始まります。

アセチルCoAを材料にして、生合成を行い、メバロン酸を合成します。
さらに生合成経路をたどっていき、コレステロールが組成されます。

どこで作られて、どのように働くの?

体内でつくられるコレステロールの多くが、肝臓で作られています。
他にもいくつかの臓器からも合成されています。
コレステロールは、細胞膜を構成する働きをもっており、胆汁やステロイドホルモン、ビタミンdの前駆体(材料)としても大きな役割を担っています。

消化分泌をする胆汁酸の合成に関わるコレステロールは、私たちの体に不可欠な働きをしてくれます。
コレステロールは皮膚でも作られているのですが、ビタミンdの前駆物質であるため、皮膚が紫外線を浴びることによって、コレステロールがビタミンdを生成してくれます。

また、副腎皮質では、いくつものホルモン合成が行われます。
副腎皮質ホルモンのひとつであるグルココルチコイドがつくられますが、これは糖新生の促進や、血糖値の上昇作用があります。

コレステロールは疎水性が強いため、水と油の親和性を保つためにアポ蛋白と結合して、水になじみやすいリポ蛋白として血液中に存在しています。
こうして、私たちの体を守ってくれているのです。

夜の食事に注意しましょう

コレステロールは夜に作られるため、コレステロール値が高めの方は特に、コレステロールの合成を促す食品を夜に摂取するのは控えめにしましょう。
また、休息時にも合成しやすくなるため、食事後すぐに就寝せず、時間を空けてから休むようにしましょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編