血液検査で調べられるコレステロール値と種類について

コレステロール値は、健康診断などで行われる血液検査で調べることができます。
血液中のコレステロールの濃度を示す血清コレステロールの数値が高ければ、動脈硬化や心筋梗塞などを引き起こす可能性が高くなるため、健康管理において重要な検査となります。

今回は、血液検査でわかるコレステロール値について、くわしくご説明したいと思います。

スポンサードリンク



血液検査で調べられるコレステロールの種類

血液検査では、総コレステロール、ldl(悪玉)コレステロール値、hdl(善玉)コレステロールの3種類の数値を調べます。
血中コレステロール検査値によって、さまざまな病気の可能性を見出すことができます。

 〈各コレステロール値から疑われる病気〉

総コレステロール

高い

脂質異常症、動脈硬化、糖尿病、脂肪肝、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群

低い

甲状腺機能亢進症、肝硬変、がん、貧血、栄養障害

ldlコレステロール

高い

脂質異常症、動脈硬化、糖尿病、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群

低い

肝硬変、がん、甲状腺機能亢進症、慢性肝炎

hdlコレステロール

高い

動脈硬化、冠動脈疾患

低い

動脈硬化、脂質異常症、高血圧、糖尿病、虚血性心疾患、肝硬変


特に気をつけたいのが、ldlコレステロールの数値です。
これが高ければ高いほど、動脈硬化のリスクも高まり、生活習慣病を引き起こす可能性も強まります。

各コレステロールは体の機能を保つために必要なものなので、少な過ぎても多過ぎても体に影響を及ぼします。
そのため、血液検査で異常値が出た場合は、基準値に戻すように生活習慣の改善などが求められるでしょう。

前日の食事は検査に影響する?

総コレステロールの測定は、採血が必要な酵素法で行われています。
血液中に含まれている成分を分析して調べられます。

血液検査の判定は、前日の食事時間や飲酒などによって影響を受けることがあるため、検査前日の食事には注意が必要です。

検査前日の夕食以降は何も食べないようにし、当日は空腹時での検査が求められます。
これは、食事によって栄養が吸収されると、血液中に移動して数値が変動してしまうためです。
正確な検査を行うために、コレステロールの増減を抑えることが望ましいでしょう。
また、検査を受ける時間帯は、日内変動の中間となる午前10時頃がよいでしょう。

判定結果が出てからの注意点

検査結果は、略語で書かれているので注意が必要です。
判定結果に異常が出た場合は、精密検査が必要になります。

特に、総コレステロール値とldl値が高く、hdl値が低い場合には既に健康に被害が及んでいる可能性が高いため、できるだけ早く精密検査を受けることをおすすめします。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編