コレステロールが吸収されるメカニズムについて

ダイエット中の方は、コレステロールの吸収のメカニズムを抑えておきましょう。
このメカニズムを理解することによって、コレステロールの増加の原因を理解できるため、ダイエットへの意識が高まるはずです。

スポンサードリンク



食事由来のコレステロールの代謝過程

食事由来のコレステロールは、小腸で吸収されます。
しかし、コレステロールそのままの形では吸収できないため、唾液や胃液などによって分解された後に小腸に送られます。

そして、脂肪を乳化させる作用を持つ胆汁などと混ざり合い、胆汁酸にミセルが作られます。
こうしてできたミセルによって腸管に吸収されるのです。
その後は、カイロミクロンに変化して体の各組織や肝臓に輸送されていきます。
コレステロールの代謝は、このような過程で行われています。

脂質なのに血液に溶けるのはなぜ?

カイロミクロンとなって輸送されるために血液中に溶け込む必要がありますが、コレステロールは脂質なのに、なぜ血液に溶け込むことができるのでしょうか。

血液はそのほとんどが水であるため、脂質が溶け込むことは本来であれば困難なはずです。
しかし、脂肪を体内の輸送していくためには、脂質を血液中に溶かすことが求められます。
そこで、リポタンパク質の出番です。

リポタンパク質とは、コレステロールなどの脂質を水に溶解するアポタンパク質やリン脂質で覆った粒子です。
リポタンパク質に変化して溶解度を高めることで、血液中に溶け込むことに成功するのです。
脂質は水には溶けにくいですが、有機溶媒には溶けやすいため、こうした結果になります。

コレステロールの輸送と逆輸送のバランスを保つことが重要

コレステロールは、以上の過程を経て体の隅々に運ばれていきます。
この輸送はLDLが行い、余分なコレステロールはHDLが肝臓に戻しています。
こうして、体内のコレステロール量のバランスを保つように機能しているのです。

しかし、LDLが多過ぎたりHDLが少な過ぎると、このバランスが崩れます。
輸送と逆輸送の機能が乱れ、体内のコレステロールが増加してしまう原因になってしまいます。

以上のことから、検査の結果などでこのバランスが乱れていると指摘された場合は、コレステロールの増加を抑えるためにも、コレステロールの吸収メカニズムを改めて理解しておくことが大切ですね。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編