善玉コレステロール(HDLコレステロール)とは?高い方が良い?

脂肪と結合したタンパク質のことをリポタンパクといいますが、このリポタンパクの中でも、コレステロールを多く含んでいるものにHDLとLDLがあります。
今回は、このHDLコレステロールについてご説明します。

スポンサードリンク



HDLコレステロールが“善玉コレステロール”と呼ばれる理由

コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料であるため、体の各細胞へと運ばれていきます。
しかし、体にとって必要であったはずのコレステロールが余ってしまった場合には、体に有害なものとなってしまいます。

余分なコレステロールは血管内に付着してこびりつき、血流を阻害して動脈硬化を引き起こす可能性があるのです。
この余分なコレステロールを取り除き、肝臓まで運んでくれるのがhdlコレステロールです。

動脈硬化は、狭心症や心筋梗塞など、命に関わる病気を引き起こす恐れのある恐ろしい病気です。
hdlコレステロールには、動脈硬化のリスクを抑える働きがあるため、“善玉コレステロール”と呼ばれているのです。

HDLコレステロールが低いと、動脈硬化が進行する可能性大!

余分なコレステロールが多ければ多いほど、動脈硬化は進行しやすくなります。
そこで必要なのが、善玉コレステロールです。

しかし、hdlコレステロールの量が少なければ、余分なコレステロールを除去しきれないことになってしまいます。
そうなると、動脈硬化が進行してしまうため、hdlコレステロール値を高める必要性があります。

このように、動脈硬化のリスクの程度や今後の対策を調べるために、hdl値の測定が求められます。
動脈硬化のリスクを把握するためには、健康診断や人間ドックなどで、総コレステロール値とともにhdl値の検査をすることが不可欠となります。

HDL値が低くても、総コレステロール値も低ければOK

hdl値が低い場合、動脈硬化への不安を感じるかもしれませんが、総コレステロール値が低ければ問題ありません。
逆を言えば、善玉菌のhdl値が高いからといって安心できるわけでもありません。
総コレステロール値が異常に高い場合には、hdl値が高くても、運動や食事などによる改善が求められます。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編