高脂血症とは

現代人の多くが肥満や高いコレステロール値によって、体にさまざまな症状が起こり悩まされています。私たちの健康をおびやかす高脂血症とは、一体どのような状態なのでしょうか。

高脂血症とは、血液中のldl(悪玉)コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎる状態、もしくはhdl(善玉)コレステロールが少なすぎる状態が続いていることです。慢性的にこうした状態が続くことによって動脈硬化を引き起こし、やがて心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気へとつながる可能性があります。

原因の多くが食生活を中心とした生活習慣によるものですが、なかには遺伝が原因になることもあります。「高脂血症」という名称は、現在では「脂質異常症」と改称されていますが、現在でも往々にこの呼び方が使われています。尚、読み方は「こうしけっしょう」です。

スポンサードリンク



高脂血症の治療

まず、高脂血症は、家族性高コレステロール血症をのぞいて初期に自覚症状がありません。病状による早期発見は困難ですが、定期検診で血液検査をきちんと受けることによって早めに自覚することが可能です。

2007年度診断基準改定では、以下のとおりになっています。検査値とこの表を照らし合わせてみて、診断基準を満たしていないかを確認しましょう。

 【高脂血症の診断基準】

高ldlコレステロール血症

140mg/dl以上

高トリグリセライド血症

150mg/dl以上

低hdlコレステロール血症

40mg/dl未満


治療では、WHOの表現型分類に基づいて高脂血症を6つのタイプに分類してから、状態に応じて治療方針が決められます。高脂血症を治すには、自分がどのタイプであるかを理解しておくと、食生活の改善の際に何を減らし、何を摂取すべきかが分かりやすいでしょう。

また、病院ではまず食事療法を開始するように指示されるケースが多いですが、食事療法を306ヶ月続けても数値の改善が見られない場合は、薬物療法が開始されます。しかし、高脂血症剤の服用だけでは、根本から治すことは非常に困難です。高脂血症は生活習慣が大きく影響するため、原因となる生活習慣そのものを改善することが必要となります。

高脂血症の予防と対策

高脂血症の人もそうでない人も、生活習慣によって健康が大きく左右されます。そのため、高脂血症の予防や対策では、生活習慣の改善がとても重要です。特に、食生活が最大の原因となるため、まずは食事を見直してみましょう。さらに、喫煙や飲酒などを控え、定期的に運動を行うとよいでしょう。

また、高脂血症では太りやすい体質になっているため、肥満にも注意する必要があります。食べ過ぎや飲み過ぎ、高カロリーの食品摂取などに注意して、摂取カロリーを抑えるように心がけましょう。

高脂血症は高血圧や肥満、糖尿病などを合併しやすいため、食塩や甘いもの、油であげた食品、脂肪の多い肉類などを控えて他の病気の合併を予防することも非常に大切です。

ステロイドなど薬の副作用で高脂血症が進行することもあります。薬の服用には十分な注意を払いましょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編