脂質異常症を改善する食事について

脂質異常症になる最大の原因は、食事だといわれています。脂質異常症と診断された場合は、まず食生活を見直してみることがとても大切です。

今回は、脂質異常症を改善する食事についてお伝えします。

スポンサードリンク



脂質異常症の食事療法

脂質異常症の人は、慢性的にカロリー過多な傾向があります。そのため、まずは一日の摂取エネルギー量を適正にすることから始めましょう。そして、野菜を中心としたバランスのよい食事をとるように心がけましょう。

高ldlコレステロール血症は、コレステロールを多く含む食品、上げる食品に要注意!

本来、人間の体は食事からコレステロールを多く摂取しても、一定量以上は吸収されないようになっています。しかし、脂質異常症の人はこの機能が乱れているため、コレステロールが蓄積されやすい体になっています。

そこで避けたいのが、コレステロールを多く含む食品と上げる食品です。食品自体にコレステロールが含まれていなくても、体内のコレステロールは増やしてしまう食品があるため、よく注意しましょう。

コレステロールを多く含む食品は、鶏卵、魚卵、レバー、いか、しらす、たこ、えびなどです。コレステロールを上げる食品は、脂肪の多い肉類、乳製品、チョコレート、卵黄、ポテトチップス、加工食品などです。

高トリグリセライド血症は、甘いものと炭水化物の量に気をつけて

甘いものを多量に摂取すると、トリグリセライド(中性脂肪)が増えてしまいます。砂糖を多く含む菓子類やジュースなどは特に注意が必要ですが、たとえ果物であっても摂りすぎは禁物です。

また、ごはんやパン、麺類などの炭水化物も量が多すぎるとトリグリセライドの増加の原因になります。ごはんのおかわりやイモ類の料理などを食べ過ぎることがないように気をつけましょう。

たんぱく質はよく選び、適量を

毎回の食事でたんぱく質を摂取することは大切ですが、脂肪の多い肉類や卵は、ldl(悪玉)コレステロールを増やしてしまうため控えましょう。脂質異常症の改善には、大豆製品や青魚の摂取が推奨されています。

食塩をカットしましょう

脂質異常症で懸念される動脈硬化は、高血圧症が合併するとさらに進行してしまいます。そのため、高血圧症の最大の原因である食塩を控えることが大切です。日頃から薄味に慣れておくことで、自然と食塩がカットされるでしょう。

アルコールは控えめに

アルコールにはhdlコレステロールを増やす効果がありますが、これはあくまで適量の場合です。適量以上の量を摂取すると、肥満や高血圧などのリスクが高くなるため、摂取量には気をつけましょう。一日の適量は、健康な人で25g以下とされています。

【一日の飲酒目安量】    

ビール

500ml

ワイン

200ml

日本酒

180ml

焼酎

90ml

改善効果のある栄養素

食物繊維は、血液中のコレステロールが血管の壁にこびりつくのを防ぐため、食物繊維を多く含む食品を摂取しましょう。また、βカロテンやビタミンCはldlコレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。とくに、色の濃い緑黄色野菜を多く摂取するとよいでしょう。

これらの要件を満たすためには、野菜、果物、穀物、海藻、キノコ、豆類などをバランスよく摂取することが大切です。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編