なぜ総コレステロールが高くなるのか?その原因を探ってみた!

近年の日本では、コレステロール値の高い人が増加傾向にあると取り沙汰されていますが、その理由は、日本人の生活スタイルが昔と比べて大きく変化していることにあります。

それでは、私たち日本人が、なぜ総コレステロールが高いのか、その原因を探ってみたいと思います。

スポンサードリンク



大きく変化した食生活によってコレステロール値が上がる

かつての日本は、比較的脂質の少ない和食を中心とした食事をとる家庭がほとんどでした。
しかし、食の欧米化が進むにつれ、和食を好む家庭がどんどん減少しています。
核家族化もあって、和食を得意とする世代の料理を食べる機会が減り、洋食を得意とする若い世代の料理が定番化した家庭では、洋食が家庭の味になっていることも珍しくありません。

高カロリー・高タンパクの洋食ばかりを毎日食べることによって、コレステロールは体が必要とする量以上に大量に摂取することになるため、総コレステロール値も上昇してしまうのです。

食事とコレステロールは密接な関係にあるため、食生活を気づかうことが大切です。
洋食が好みであるなら、以下のことに注意しながら食事を楽しみましょう。

1、コレステロールや飽和脂肪酸を多く含む食品を避ける
2、コレステロール値を下げる食物繊維や青魚をたっぷりと摂る
3、食べ過ぎないように量を調節する
4、洋食の頻度を減らし、和食の日を増やす

これらを意識することは、総コレステロール値の増加を抑えるために効果的です。
コレステロール値が高過ぎると病気になる可能性も上がりますので気をつけましょう。

生活習慣にも落とし穴が

日本人の多くが車に頼った生活をしている現代では、国民全体が運動不足に陥っているといっても過言ではありません。
公共交通機関の発達や電動自転車、バイクなど便利な乗り物も多く、運動をするためには自発的な心がけが必要となってるのが現状です。

食生活に気を配ることも大切ですが、運動不足の解消も非常に重要です。
コレステロール値が気になる方は、自発的に運動をする習慣を設けましょう。

また、グルコサミンを摂取している方は要注意です。
ひざの痛みに効くといわれるグルコサミンは健康によいことでも有名ですが、実は血中コレステロールの上昇作用もあることが分かっています。
糖尿病や高脂血症などの方は、医師に相談してから摂取するようにしましょう。

遺伝や病気でもコレステロール値は上がる

コレステロールの上昇には遺伝的素因もあるため、家族にコレステロール値が高い人がいる場合には、食生活や生活習慣に大きな注意が必要です。

また、糖尿病や甲状腺機能低下症、肝臓の閉塞性黄疸、ネフローゼ症候群などの病気が原因となることもあります。
これらの病気に該当する方は、医師に相談のうえ、しっかりと生活管理を行いましょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編