アルコールとコレステロールの関係

「酒は百薬の長」という言葉がありますが、これは事実なのでしょうか。実はこの言葉には、コレステロールとの因果関係が由来しているという説があります。

今回は、アルコールとコレステロールの因果関係についてお伝えします。

スポンサードリンク



百薬の長である理由

アルコールといえば肝臓に負担をかけたり、中毒性が高かったりと、体への害が問題視されることが多いですが、実はアルコールには、余剰なコレステロールを除去する働きをもつ善玉(hdl)コレステロールを増やす働きがあります。善玉コレステロールの働きによって、血管にへばりついた悪玉(ldl)コレステロールが肝臓に戻されることで、動脈硬化のリスクを減らす効果があることから、「酒は百薬の長」といわれるようになったそうです。

ビールを醸造する際に使用される微生物で、醸造後に取り出したビール酵母には、コレステロールの低下作用が認められています。また、コレステロール値が高い方ほど効果が強く現れるということも分かっています。

しかし、ここで注意したいのが、摂取量はあくまでも適量であることです。過剰摂取はかえって体に害を与える原因になってしまいます。

「酒は百薬の長 されど……」

「酒は百薬の長」という言葉だけが有名ですが、この言葉に続きがあることはご存じでしょうか? あまり有名ではありませんが、その続きは「されど万病の元」となります。つまり、「お酒は薬にも毒にもなり得るものであるため、ほどほどにしておきなさいよ」と促していることわざなのです。

ことわざのとおり、アルコールを多量に摂取することで、中性脂肪の増加や肝臓の機能障害、コレステロールの調節機能の異常など、さまざまな害が引き起こされます。中性脂肪値が高くなると、善玉コレステロールが増える効果もなくなってしまい、ただただ動脈硬化が進行するばかりになります。

適量の目安とは?

適量にしておこうと思っても、その“適量”が分からないという方もいらっしゃるでしょう。そこで、1日の摂取量の目安をお伝えしますので、こちらを参考にして量を調節してください。飲み屋で飲むときなどは適量をオーバーすることが多いですが、自制する気持ちを忘れないようにしましょう。

 【種類別1日の適量の目安】

ビール

中ビン1本

ワイン

1/4本

日本酒

1合

焼酎

0.6合

缶チューハイ

1.5缶

適量で楽しいお酒を

年齢を重ねてもお酒を楽しくたしなむためには、適量を守ることが大切です。ことわざの都合の良い部分だけをお酒を飲みたい時の常套句として利用せず、本来の意味を思い出して飲酒量は節制するようにしましょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編