イカ・タコ・えび・かに・魚介類とコレステロールの関係

青魚はコレステロールの増加を抑える働きがあるといわれていますが、一方、イカやたこ、えび、かになどの魚介類は、コレステロールが多いという説があります。コレステロールの増加を防ぐためには、これらの食品を避けるべきでしょうか。

今回は、イカ・タコ・えび・かに・魚介類とコレステロールの関係についてお伝えします。

スポンサードリンク



コレステロールも栄養価も高い

イカ・タコ・えび・かに・魚介類などは、確かにコレステロールが比較的多く含まれている食品です。これらの食品はヘルシーな印象を持っている方が多いため、たくさん食べると体によいと思っている方もいらっしゃいますが、この考え方は改めましょう。

しかし、これらの食品には、コレステロールが多めに含まれている一方で、高い栄養価も持ち合わせています。かきやイカ、ほたてなどには成人病予防に効果があるといわれる「タウリン」を多く含み、善玉コレステロールを増やしたり、胆石の予防や血圧を穏やかにしたりする働きがあります。

イカやエビにはビタミンEも多く含まれています。ビタミンEは、コレステロールの低下作用をもつ不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ作用があり、この意味でもコレステロール対策につながるでしょう。

コレステロールを特に多く含む魚介類

しらすやめざしは、カルシウムをたっぷりと含んでいることから積極的に摂取したいところですが、実はこれらは多量のコレステロールを含む食品でもあります。

コレステロールは魚の身には少ないのですが、内蔵や卵、皮、血合いなどに多く含まれています。しらすやめざしのような、内蔵を丸ごと食べる食品はコレステロールも大量に摂取することになってしまうのです。いくらやすじこも同様に多くのコレステロールを含んでいるため、食べ過ぎには注意しましょう。

イカも生イカであれば、さほど気にする心配はありませんが、するめは非常に多くのコレステロールを含んでいます。食べる量は少量に抑え、できれば生で食べることをおすすめします。

魚介類の加工食品は?

ツナ缶に使われている油を摂取してもよいか気になる方が多いのではないでしょうか。この油は、植物性のサラダ油です。植物油に含まれているリノール酸は、血中のコレステロールを下げる効果があるため、適量であれば積極的に摂取しましょう。

魚肉ソーセージのなかに、DHAやEPA入りのタイプがありますが、この成分はぶりやさばなどの青魚に含まれています。コレステロールの低下や血液をサラサラにする効果が期待できるため、こうした食品を利用するのもよいでしょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編