油(オイル)とコレステロールの関係

油(オイル)はコレステロールの増加の原因と思われがちですが、実はコレステロールを減らす油もあるのはご存知でしょうか? 油を上手に活用すれば、おいしく食べながらコレステロールの低下を目指すことが可能なのです。

今回は、油とコレステロールの関係についてお伝えします。

スポンサードリンク



良い油と悪い油の違いとは?

油は大きく分けると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があります。コレステロールを増やす原因となるのが飽和脂肪酸で、多量に摂取すると血液中の脂肪分が増加し、血液がドロドロになってしまいます。一方、不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにする働きを持ち、積極的な摂取が奨励されています。

そこで重要なのが、食品の選び方です。飽和脂肪酸が多く含まれている脂身の多い肉類や、バターなどは控え、不飽和脂肪酸が多く含まれている青魚やオリーブオイル、パーム油、なたね油などを選ぶようにしましょう。

もっとも注意すべきものが、トランス型脂肪酸です。これは飽和脂肪酸よりも害が強いといわれています。トランス脂肪酸が多く含まれるマーガリンやクッキー、ケーキなどには注意しましょう。

注目のオリーブオイルで健康に

オリーブ油といえば、近年注目を浴びている食品のひとつですね。健康によい油として大ブレイクをしているオリーブオイルの働きは、コレステロールにも大きな影響を与えてくれます。

オリーブオイルは、悪玉(ldl)コレステロールの酸化を防ぎ、血管の壁にldlコレステロールがこびりつくのを予防します。また、善玉(hdl)コレステロールが増加することで余分なコレステロールを除去してくれるため、コレステロールが溜まりにくい体へと導きます。これらの作用が動脈硬化の予防に大きな効果を発揮するといわれています。

こうした働きがあることから、パンやパスタ、サラダのドレッシングにはもちろん、冷や奴やお味噌汁などにもオリーブオイルをかけて食べる方が増加しています。イタリア料理だけでなく和食との相性もよいため、毎日の食事で積極的に取り入れやすいオイルです。

おすすめ!コレステロール0(ゼロ)のオイル

ダイエットやメタボリックシンドロームが気になる方に向けて、コレステロールゼロのオイルが注目されています。コレステロールの低下効果を持つオリーブオイルは、コレステロールゼロのオイルでもあるのですが、グレープシードオイルというブドウの種子から採られるオイルも同様です。

グレープシードオイルは香りや味が気にならないオイルであるため、オリーブ油が苦手な方でも使いやすいと評判です。また、焦げにくいという特徴もあり、使い勝手がよいことも人気の理由です。

油でおいしくコレステロールダウン

コレステロールの低下作用のあるオイルやコレステロールゼロのオイルを活用して、好みの料理をおいしく食べながらコレステロールの低下を目指しましょう。ヘルシーなダイエット食が続いている方も、オリーブオイルをかけてから食べるなどすれば、体に良い効果を得ながら満足感を得られるでしょう。

揚げものや炒め物をする際も、飽和脂肪酸の多いものは控えめにしながら、不飽和脂肪酸を多く含む油を使用して調理すると、ダイエットとコレステロールダウンに貢献されるでしょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編