お茶でコレステロールが下がる?

コレステロールを下げる必要がある場合、食事と運動の管理が重要です。同時に飲み物にまで気を配ると、さらにコレステロールの数値に変化が見られるでしょう。そこで重要なのが、コレステロールを上げる飲み物と下げる飲み物を見極めることです。

今回は、コレステロールを上げる飲み物、下げる飲み物についてご紹介します。

スポンサードリンク



コレステロール対策にはお茶がおすすめ!

日本人がよく飲む飲み物といえば、お茶の定番である緑茶という方が多いのではないでしょうか。実は、緑茶には善玉コレステロールを増やす作用があり、悪玉(ldl)コレステロールの吸収の抑制、排泄の促進などの効果があります。緑茶に含まれるカテキンにその効果があり、カテキンのなかでもエピガロカテキンガレートという成分が特に注目を集めています。

紅茶に多く含まれるテアフラビンは、別名“スーパーカテキン”とよばれており、高い抗酸化力があります。この抗酸化力によってldlコレステロールの酸化を抑えて、数値を下げることができます。高血圧や糖尿病対策にも有効だといわれているため、生活習慣病が気になる方にもおすすめです。

麦茶は緑茶には及びませんがコレステロール対策によいといわれています。麦茶はお茶のなかでもっとも血液をサラサラにする効果があるといわれているので、血液がドロドロの方にはおすすめです。他にも、コーヒー、プーアル茶、杜仲茶、ルイボスティーなどもコレステロールを下げる飲み物だといわれています。

ジュースに注意!

ジュース類には砂糖が多く含まれています。糖分を摂取することで中性脂肪が高くなり、善玉コレステロールが下がってしまうため、ジュースの摂取には注意しましょう。

グレープフルーツにはコレステロールを大幅に下げ効果があるのですが、高脂血症の治療で用いられるリピトールを処方されている方は要注意です! リピトールとグレープフルーツジュースを飲み合わせてしまった場合、副作用として横紋筋融解症の有害反応が起こることが考えられます。薬を服用されている方は、飲み合わせにはよく注意しましょう。

乳製品ではコレステロールは上がらない

牛乳や飲むヨーグルトなどの乳製品を飲むとコレステロールが上がると心配される方が多いようですが、1日400mg程度の摂取ではコレステロールの上昇はみられないことが分かっています。乳製品はコレステロールを上げる食品ではありませんので、コップ102杯程度であれば積極的に摂取しましょう。

グリーンスムージーで豊富な栄養を

世界的にも人気のあるグリーンスムージーにも、コレステロールを下げる効果があります。グリーンスムージーはコレステロールの低下に限らず、高血圧や糖尿病の改善の他、若返り作用などもあるため、全身の健康を意識される方におすすめです。

トクホ飲料も活用しよう!

トクホ商品である「ヘルシア緑茶」にもコレステロールを下げる作用があります。外出先でも手軽に飲めますし、脂肪を消費しやすくなる効果もあるといわれているため、トクホも織り交ぜながらご紹介した飲み物を活用して、コレステロールの改善に努めましょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編