卵とコレステロールの関係

卵はコレステロールを多く含む食品として知られていますが、実はそれを気にして卵を避ける必要はありません。「えっ? なんで大丈夫なの?」と疑問に思われる方も多いでしょう。

今回は、卵とコレステロールの関係についてお伝えします。

スポンサードリンク



コレステロールを除去する「レシチン」がカギ!

1913年にロシアで行われた実験によると、草食動物であるウサギに卵を食べさせたところ、血中コレステロールが増加したという結果が出ました。この結果からみても、卵は確かにコレステロールを多く含む食品です。しかし、卵に含まれるレシチンという成分は、コレステロールを除去するはたらきを持っており、この成分によってコレステロールが増えるどころか減少する可能性があるのです。

レシチンには、酵素の作用をサポートし、血管の壁にへばりついているコレステロールを取り除き、血管を若々しく保つ働きがあります。この働きによって、コレステロールを減らし、動脈硬化を予防してくれるのです。

「メタボリズム」という医学雑誌の論文でも、卵によるコレステロール減少効果は証明されており、卵を毎日3個食べることで、悪玉(ldl)コレステロールを除去する善玉(hdl)コレステロールが増加し、悪玉コレステロールを減少させたそうです。

ただし、脂質異常症と診断されている方は要注意! コレステロールの数値が高い場合、コレステロールの調整が正常に行われないことがあるため、レシチンの効果をきちんと得られない可能性があります。

卵は加熱して食べよう

生卵は食中毒の原因になる他、サルモネラ菌に感染する可能性があります。自家製マヨネーズを室温で保存していたところ、サルモネラ感染が起きた事例があります。市販のマヨネーズは品質が管理されているため安心です。

また、生の卵白にはアビジンという強いたんぱく質が含まれており、これはビタミンB群のひとつ、ビオチンの吸収を阻害する働きをもつ成分であるため、生卵を大量に摂取することは危険だといわれています。マヨネーズの場合は卵黄を使用しているため、この働きを心配する必要はありません。しかし、卵黄の大量摂取はコレステロールを大量摂取することになるため、注意が必要です。

卵は栄養の宝庫

卵は良質なたんぱく質を多く含む食品です。体内で合成できない必須アミノ酸をバランスよく含み、ビタミンAやミネラル、カルシウム、鉄などを豊富に含んでいます。コレステロールとの関係を正しく理解し、体に合わせた量の卵を摂取することが大切だといえるでしょう。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編