善玉コレステロール(HDLコレステロール)が低いとどうなる?

善玉コレステロール(hdlコレステロール)には、血管内にこびりついた悪玉コレステロール(ldlコレステロール)を取り除き、肝臓に運んでくれる働きがあります。
血管内の悪玉コレステロールが放置されると動脈硬化の原因となるため、善玉コレステロールは私たちの健康を保つために不可欠なものです。

それでは、その重要な善玉コレステロールが低いとどうなるのでしょうか。
今回は、低hdl値が引き起こす病気についてお伝えします。

スポンサードリンク



低hdl値は動脈硬化や心筋梗塞のリスク大

悪玉コレステロール値が高いにも関わらず、善玉コレステロール値が低い場合には、動脈硬化のリスクが高くなってしまいます。
動脈硬化によって、心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中などが誘発される可能性があるため注意が必要です。

善玉コレステロール値が低い場合でも、悪玉コレステロール値が低ければ心配することはありません。
余分となる悪玉コレステロールがほとんどないのであれば、そのお掃除機能を果たす善玉コレステロールが過剰にある必要はないというわけです。

低hdl値の人はがんの死亡率が高い!?

健康のためにはコレステロール値を下げるべきだと思いがちですが、実はhdl値が低い人ほどがんの死亡率が高まるというデータがあります。

がん患者の多くは、病気が進行するに従ってコレステロール値が減少する傾向があります。
hdl値が低過ぎることから総コレステロールも低くなり過ぎることによって、細胞膜やホルモン、胆汁酸などの生成が正常に行われなくなるのです。
こうしたコレステロールが果たす機能は、病気の克服にとって非常に重要になります。

hdl値が低いことによって、貧血やしびれなどの症状が起こることがあります。
症状の改善や健康を取り戻すためにも、hdl値を高めることが大切だといえるでしょう。

記憶力の低下の原因にもなる

hdlコレステロールは、記憶力の維持にも貢献しているといわれています。
hdl値が低過ぎる場合、アルツハイマー病などのリスクが高まるでしょう。
認知症患者にとっても、hdlコレステロールを高めることが病気の改善につながるのではないでしょうか。

コレステロールの基礎知識
総コレステロールについて
善玉コレステロール(HDLコレステロール)について
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)について
コレステロールと病気の関連性
脂質異常症の基礎知識
高脂血症の基礎知識
コレステロール対策
コレステロール対策 食事編